Go to Contents Go to Navigation

1日の入国者3千~4千人台に減少 短期査証の効力停止などで=韓国

記事一覧 2020.04.17 14:49

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は17日、海外からの1日当たりの入国者が3月末時点の7000人台から現在は3000~4000人台水準に減少したと明らかにした。

仁川国際空港で、入国者の交通案内のため待機する自治体関係者=(聯合ニュース)

 中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長(保健福祉部公共保健政策官)は会見で、入国者数の減少は新型コロナウイルスの流入を防ぐため今月13日から実施している短期査証(ビザ)の効力停止などによるものだと説明した。

 政府は同日から国際線の到着時間を調整し、入国者が空港で長時間待たねばならない不便や検疫の負担を減らす。航空各社や出発国との協議を踏まえ、午後10時から翌日午前7時までに到着する国際線について、高速鉄道(KTX)や空港バスを利用できる時間帯(午前5時~午後8時)の到着に変更する。

 政府は今月1日から、全ての入国者に自宅などでの2週間の自主隔離を義務付けている。中央災難(災害)安全対策本部によると、1~15日の入国者のうち60.0%(4万3104人)は帰宅に乗用車やタクシーを利用した。専用の空港バスを利用した人は19.8%、シャトルバス・KTXは15.4%だった。

 尹氏はこれについて「海外からの入国者も、できる限り一般国民と接触しないよう努めているようだ」と評価した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。