Go to Contents Go to Navigation

公衆衛生分野で国際協力強化へ 外交部と国立医療機関がMOU=韓国

記事一覧 2020.04.17 16:24

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部と政府系医療機関の国立中央医療院は17日、公衆衛生分野における国際協力の強化や医療支援に関する協力システムの構築に向けた協力覚書(MOU)を締結した。

MOUに署名する康京和長官(右)と鄭基賢院長=17日、ソウル(聯合ニュース)

 両機関はMOUに基づき、各種の感染症をはじめ国際保健安全保障の増進に向けた情報を共有し、国際社会との協力強化を模索する。また、大気汚染や気候変動による保健分野への脅威への対策整備など、さまざまな分野で協力を深める予定だ。

 MOUには康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と鄭基賢(チョン・ギヒョン)国立中央医療院長が署名した。

 外交部の当局者はMOUについて、「新型コロナウイルスなど世界的な感染症への対応に向け、国際協力の強化や専門的な保健・医療協力システムの構築が必要だという両機関の共通認識の下で締結されたもの」と説明。「両機関は今後、国際保健安保の増進と韓国外交力の強化のため協力していく予定だ」と伝えた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。