Go to Contents Go to Navigation

新型コロナで一時中止の兵役判定検査 8週ぶり再開=韓国

記事一覧 2020.04.20 10:22

【ソウル聯合ニュース】韓国兵務庁は20日、「きょうから本人が希望する場合に限り、兵役判定検査を実施する」と発表した。同検査は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一時中止されていた。当初は2月24日から2週間を予定していたが、延長されて8週間に及んだ。

2月初旬に行われた2020年度最初の兵役判定検査の様子。全員がマスクを着用している=(聯合ニュース)

 兵務庁は判定検査の再開について「現役兵充員の支障を防ぎ、兵役義務履行の遅延に伴う不便を最小化するために避けられない措置」と説明した。

 同庁は新型コロナウイルス対策として事前にホームページで「健康状態質問書」を受け付けて、14日以内に海外から入国した人や集団感染が発生した施設への訪問歴がある人、自主隔離措置を解かれてから1カ月以内の人などを検査対象から外す。検査の実施にあたっても、発熱の有無を確認し、寒気やせきなどの症状がある場合は帰宅させる。

 検査時は「社会的距離」の確保に努める。そのため1日当たりの平均検査数は通常の160人から100人程度に減る見通しだ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。