Go to Contents Go to Navigation

国立の博物館や公演施設 引き続き休館=韓国 

記事一覧 2020.04.20 13:56

【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国立の博物館、美術館、図書館、公演施設の休館と国立芸術団体の休演を続ける方針を示した。政府は感染拡大防止策として実施している「社会的な距離」を保つ措置をこの日から一部緩和するが、これら文化芸術分野の国立施設は引き続き休館となる。

休館中の国立古宮博物館(資料写真)=(聯合ニュース)

 休館が続く施設は、文化体育観光部が所管する国立中央博物館と地方の博物館13カ所、国立民俗博物館、大韓民国歴史博物館、国立ハングル博物館、国立現代美術館4カ所、国立中央図書館3カ所の計24カ所と、国立中央劇場をはじめとする国立公演施設5カ所。また、国立劇団や国立バレエ団、国立オペラ団など七つの国立芸術団体が公演を中止する。

 文化体育観光部は施設運営と公演の再開時期について、「社会的距離確保の度合いや生活防疫(日常生活・経済活動とのバランスを取った防疫)への移行時期、各施設・機関の再開準備状況などを総合的に考慮した上で決定する」と説明した。再開する場合も当初は利用人員を制限するなど部分的にとどめ、状況を見ながら徐々にサービスを拡大していく。

 一方、国立文化芸術施設がインターネット上で国民に提供している展示と公演は、品質を改善し、コンテンツも拡充する計画だ。コンテンツは文化体育観光部のホームページ(www.mcst.go.kr)や各施設のホームページ、文化ポータルサイト(www.culture.go.kr/home)などが案内している。

芸術の殿堂はオンライン公演を提供している(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。