Go to Contents Go to Navigation

韓中 ビジネス客の例外的入国許可の制度化で合意

記事一覧 2020.04.20 19:06

【ソウル聯合ニュース】韓国と中国の外務次官が17日に行ったテレビ会議で、企業関係者などビジネス客のための例外的な入国許可を制度化するために、新たな枠組みを作ることで合意したことが20日、韓国外交部当局者の話で分かった。

防護服を着て韓国に入国する中国からの渡航者(資料写真)=(聯合ニュース)

 同当局者は「中国もこの問題に非常に協力的」とし、「最終合意に至れば、(ビジネス客の入国を)制度化した初の事例になるだろう」と話した。

 また、「争点の調整が終わったわけではない。全て合意して実施されても、新型コロナウイルスの感染拡大前のように証明書さえあればどこでも自由に行けるようになるわけではないが、今のように行くこともできない状況よりは、少し便利になる効果は明らかにあるだろう」と説明した。

 韓国はウイルス検査で陰性だったことを示す証明書さえあれば、中国内を自由に移動できるよう要求しているが、中国はいくつかの都市で試験的に運営しようという立場だという。

 外交部によると、政府はこの日までに9カ国で3068人のビジネス客の例外的な入国を支援した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。