Go to Contents Go to Navigation

米偵察機と哨戒機が相次ぎ飛行 北の飛翔体発射後の1週間 

記事一覧 2020.04.21 08:50

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が短距離巡航ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体を発射した翌日から21日までの1週間に、米軍は主要な偵察機と哨戒機4機種を朝鮮半島に相次ぎ出動させたようだ。

米空軍の偵察機E8C(同軍ホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、米空軍の偵察機E8Cと米海軍の哨戒機P3Cが朝鮮半島上空を飛行した。具体的な飛行時間は示されていないが、21日午前と推定される。 

 攻撃レーダーシステムなどを搭載したE8Cは、高度9~12キロから北朝鮮軍のミサイル基地、野戦軍の機動、海岸砲と長距離砲の基地といった地上の兵力と兵器の動きを細かく監視できる。

 P3Cは一般的に、レーダーなどを利用して潜水艦を探索する任務を行う。

 20日には米空軍の主力偵察機RC135Wが韓国上空でとらえられた。同機はミサイル発射前に地上の計測機器が発するシグナルをとらえて弾頭の軌跡などを分析する装備を備えている。

 また、米空軍の偵察機RC135Uが15日に朝鮮半島東の東海上空を飛行した。RC135Uはレーダーの電波から敵の防空網を分析し、ミサイル基地から発せられる電磁波を情報収集する機種だ。

 これら偵察機と哨戒機の飛行は、既存の計画に沿った通常の任務と考えられる一方で、北朝鮮の特異な動向をつかんで監視を強化したとの分析もある。

 北朝鮮は14日午前7時ごろ、東部の江原道・文川付近から東海に向けて短距離巡航ミサイルと推定される飛翔体を数発発射した。 

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。