Go to Contents Go to Navigation

在韓米軍の駐留経費交渉 トランプ氏「韓国の提案を拒否した」

記事一覧 2020.04.21 10:04

【ワシントン聯合ニュース】トランプ米大統領は20日(米東部時間)の記者会見で、2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める韓米交渉に関する質問に「彼ら(韓国)はわれわれに一定の金額を提示したが、私が拒んだ」と答え、「われわれがなすことに大きなパーセンテージ(割合)で支払うことを要請している」と述べた。

トランプ大統領=(EPA=聯合ニュース)

 これに先立ちロイター通信は、韓国が駐留経費の負担額を前年の合意額に比べ最低でも13%引き上げる案を提示したのに対し、トランプ氏がポンペオ米国務長官、エスパー米国防長官と協議した上で拒否したと報じていた。

 米国が在韓米軍削減を交渉カードに使うとの報道もあったが、トランプ氏はこの日、「それ(交渉)は(在韓米軍の)削減に関するものではない」と述べた。

 同氏は韓国はとても豊かな国だと強調しながら、「(韓米の)関係は立派ながら、公正ではない。われわれは8500マイル離れた他国を防衛するために軍隊に費用を支払っている」と指摘。その上で「われわれは公平かつ公正に待遇を受けるべきだ」と韓国側負担の増額を重ねて迫った。

 韓米は駐留経費負担に関する特別協定(SMA)締結のための交渉を昨年9月から行っているが、韓国側負担額の総額で隔たりが大きく、合意に至っていない。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。