Go to Contents Go to Navigation

報道自由度 韓国はアジア最上位の42位=日本66位

社会・文化 2020.04.21 14:58

【ソウル聯合ニュース】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は21日、2020年の世界各国の報道自由度ランキングを発表し、韓国は42位で19年の41位から1ランクダウンした。

報道の自由度を表した世界地図=(聯合ニュース)

 RSFは毎年、180カ国・地域を対象にジャーナリズムの現実を評価し、報道自由度ランキングを作成している。韓国は06年に31位を記録したが、16年は70位と10年間で40ランク近く落ち込んだ。17年は63位、18年は43位だった。

 RSFはアジア・太平洋地域の分析報告書で、韓国について「民主主義が安定している国々では、政府が報道の自由を抑圧するための口実として国の安全保障を利用することもある。韓国には敏感だと判断される情報、特に北朝鮮に関する情報を公表する行為を重く処罰する法(国家保安法)が存在する」と指摘した。

 韓国は20年もアジア諸国で最上位を守った。アジアでは台湾が1ランクダウンの43位、日本が1ランクアップの66位、中国が前年と同じ177位など。

 北朝鮮は18年の米朝首脳会談をはじめとする開放的な態度が前向きに評価され、19年は179位と1ランクアップしたが、20年は再び最下位の180位となった。

 ランキング1位は4年連続でノルウェー。フィンランドが前年に続き2位となった。米国は45位だった。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。