Go to Contents Go to Navigation

韓米が国防対話 米軍駐留経費交渉の「公正な水準での妥結」強調

記事一覧 2020.04.22 14:16

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は22日、米国防総省と統合国防対話(KIDD)の第17回会合を開催したと発表した。KIDDは高官級の協議体で、今回は新型コロナウイルスの感染拡大を受けてテレビ会議の形で行われた。

韓米が統合国防対話の会合を開催した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 双方は2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める両国の交渉について、妥結に向けたこれまでの共同努力を評価。韓米同盟と連合防衛態勢が強化されるよう、交渉が公正かつ互いに同意できる水準で妥結される必要があると強調した。

 韓米は昨年9月から交渉を行っているが、韓国側負担額の総額で隔たりが大きく、合意に至っていない。トランプ米大統領は先ごろ、韓国が提示した金額を拒んだと明らかにしている。

 会合で米国側は、新型コロナウイルスへの対応における韓国のリーダーシップが透明性、柔軟性、迅速性の面で世界の模範になっていると評価した。また、新型コロナウイルスに関する韓国側の在韓米軍への支援努力に感謝の意を示したという。

 韓米は、急変する朝鮮半島の安全保障情勢に対する軍事的な備えや連合防衛態勢の強化策、韓米同盟の強化に向けた協力策なども話し合った。

 特に、北朝鮮による最近のミサイル発射に関する評価を共有し、対北朝鮮での緊密な連携を確認。北朝鮮の完全な非核化を達成するため、協力を強めていくことで一致した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。