Go to Contents Go to Navigation

独島海域に3千トン級最新型警備艦 23年に配備=韓国

記事一覧 2020.04.22 14:44

【仁川聯合ニュース】韓国海洋警察庁は22日、900億ウォン(約78億3000万円)を投じて全長120メートル、最高時速45キロの3000トン級最新型警備艦を建造すると明らかにした。2023年に独島など朝鮮半島東の東海北方の海域に配備する。

東海の北方海域(海洋警察庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 最大40日間連続で航海できるこの警備艦は、遠洋海域でも捜索、救助などの任務を遂行できるよう性能を大幅に強化した。

 今年12月までに船舶の基本設計を終えて来年から建造に入り、23年12月に東海に配備される。

 東海の北方海域は暖流と寒流がぶつかる「潮境水域」で、水産資源の豊富な優良漁場だ。海上の境界が不明確で、韓国、北朝鮮、中国、日本の4カ国の漁船が混在して操業するため、安全管理が重要だ。

 海洋警察庁の関係者は「最新型の警備艦が配備されれば、操業自制海域で発生する緊急状況に迅速に対処できる」とし、「海洋主権守護の力量も高まる」と期待を示した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。