Go to Contents Go to Navigation

雇用安定対策に8800億円 第3次補正予算で財源確保=韓国副首相

記事一覧 2020.04.22 16:11

【世宗聯合ニュース】韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は22日、新型コロナウイルスの感染拡大による危機に対応するため10兆1000億ウォン(約8800億円)規模の雇用安定特別対策をまとめたことを明らかにした。このうち9兆3000億ウォンの財源づくりについては、相当規模の第3次補正予算案を編成する計画だと述べた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主宰した非常経済会議の結果に関する記者会見で伝えた。

会見する洪楠基氏=22日、ソウル(聯合ニュース)

 洪氏は「今回の対策規模は2020年度(1~12月)雇用予算(25兆5000億ウォン)の40%水準。19年の年間失業者115万人の2.5倍に相当する286万人の労働者を支援する思い切った投資だ」と説明した。

 特別対策は、小規模事業者や企業の雇用維持支援、緊急雇用安定支援金の新設など労働者の生活安定対策、緊急雇用の創出、失業対策という4分野が柱になるという。

 洪氏はあわせて、政府は雇用を守るため、企業安定化に向けた支援を75兆ウォン以上、追加で拡大するつもりだと明らかにした。

 また、これまでに決定した約100兆ウォンの金融措置には35兆ウォンを加え、小規模事業者への資金支援や、社債買い取りなどの支援を強化するとした。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。