Go to Contents Go to Navigation

SKハイニックスの1~3月営業益 前年比減少も前期比240%増

IT・科学 2020.04.23 10:23

【ソウル聯合ニュース】韓国の半導体大手SKハイニックスが23日発表した1~3月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は8003億ウォン(約698億円)で前年同期に比べ41.1%減少した。だが、前期比では239.1%増加し、市場の予想も大きく上回った。

SKハイニックス(資料写真)=(聯合ニュース)

 1~3月期の売上高は7兆1989億ウォンで、前年同期比6.3%、前期比3.9%、それぞれ増加した。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う急激な環境変化の中でも、予想外に良好な業績となった。SKハイニックスによると、サーバー向けの半導体メモリーの販売が伸びた。歩留まり向上とコスト削減も後押ししたという。

 半導体メモリー市場の先行きについては、過去に類を見ないほど不透明感が増していると指摘した。世界のスマートフォン販売の減少が予想される一方で、非対面やIT需要の増加により中長期的にサーバー用メモリーの成長が見込まれる。ただ、新型コロナウイルス感染拡大が続けば需要の変動性が高まるほか、生産活動が滞る可能性もあると説明した。

 同社は国内外に半導体工場を持つ。各国・地域の当局が出す新型コロナウイルス対策と勧告に従いながら、全工場を正常に運営しているという。

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。