Go to Contents Go to Navigation

半導体・化学原料など32品目 5年連続で世界シェア首位=韓国

記事一覧 2020.04.23 13:39

【ソウル聯合ニュース】2018年に韓国の輸出品のうち63品目が世界市場でシェア1位を記録した。中でも半導体と精密化学原料、圧延平鋼をはじめとする32品目は、14年から5年連続で世界トップを守った。韓国貿易協会の国際貿易通商研究院が24日、韓国の輸出競争力に関する報告書を公表した。

18年に韓国の輸出品63品目が世界シェア1位だった(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国の世界シェア1位の品目数(63)は世界で13番目に多い。前年に比べると12品目減った。また、韓国の輸出額全体に1位品目が占める割合は23.7%で、前年から0.3ポイント低下した。1位品目は化学製品(27品目)と鉄鋼・非鉄金属(12品目)が多い。

 韓国は1位品目のうち13の品目で中国の追い上げを受けている。さらに米国が8品目、ドイツと日本がそれぞれ7品目で韓国に迫る。主要国が追い上げるこれら35品目のうち10品目では、2位の国との開きが5ポイント未満だった。

 一方、韓国が世界2~10位につける輸出品目は35あり、競争力の引き上げにより1位を狙うこともできる。

 18年に世界1位の品目数が最も多かったのは中国で1735品目。前年から38品目増やし、3年連続で最多となった。次いで、ドイツ(685品目)、米国(511品目)、イタリア(215品目)、日本(162品目)の順。この4カ国の1位品目数はいずれも前年より少ない。

 国際貿易通商研究院のカン・ソンウン研究員は「これまで先進国の強みだった化学製品、工作機械、輸送機械などでも中国が競争力を見せ始めている」と説明。韓国については「主要国間の競争が激化する中で、製品の競争力強化と輸出先の多様化が一層必要だ」と指摘した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。