Go to Contents Go to Navigation

南北鉄道連結へ断絶区間建設を協力事業に認定 早期着工へ=韓国

記事一覧 2020.04.23 17:31

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は23日、南北交流協力推進協議会を開き、北東部・江原道の江陵から猪津の鉄道区間(104キロ)を連結する事業を南北交流協力事業として認定し、推進策を確定した。

南北交流協力推進協議会の様子=23日、ソウル(聯合ニュース)

 同区間の連結事業は2000年から推進されてきた南北鉄道連結事業の一環。南北首脳は18年4月の首脳会談で採択した「板門店宣言」 を通じ、朝鮮半島西側の京義線と東側の東海線の鉄道連結、北朝鮮の開城と平壌をつなぐ高速道路の近代化に合意した。

 東海線は南北をつなぐ交通網でありロシア、欧州へとつながる。猪津は南北連結区間(猪津―金剛山)の起点で、江陵―猪津区間は断絶区間として残っている。同区間の建設事業が南北協力事業に指定され、予算投入に先立って実施する予備妥当性調査の免除が可能となり、早期着工に向けた環境が整った。政府は江原道など地域社会と緊密に協議し、速やかに工事を進める方針だ。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。