Go to Contents Go to Navigation

日本のサービス業不振「当面進む」 韓国中銀

記事一覧 2020.04.26 13:55

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は26日、同行が発行する「海外経済フォーカス」に掲載した報告書「日本サービス産業の特徴と新型コロナウイルスの拡大による影響」で、「新型コロナの拡大で日本のサービス産業が大きく委縮する中、東京五輪の開催が1年延期されたことで、サービス業の不振が当面進む見通し」と分析した。

7日、シャッターを閉じている浅草の商店街=(EPA=聯合ニュース)

 報告書によると、新型コロナウイルスの発生後、中国人など外国人客の減少で3月に入って大型百貨店の売上高が前年同期比で約40%落ちた。

 また、日本の研究機関の推定結果として、東京五輪が2021年に延期になり、サービス業を中心に約1兆7000億~3兆2000億円の損失が出るとの見通しを示した。

 ただ、来年に五輪が開催され、新型コロナウイルスの感染拡大が沈静化すれば、日本の観光産業は早期に回復すると見込んだ。

 ロボットや人工知能(AI)など情報科学技術を基盤とする遠隔・非対面サービス産業も急速に成長すると分析した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。