Go to Contents Go to Navigation

新型コロナの再陽性263人に 2次感染はなし=韓国

記事一覧 2020.04.26 14:46

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は26日、新型コロナウイルスによる感染症が完治し隔離が解除された後、再び陽性判定を受けた人が計263人になったと発表した。当局は再陽性の原因や再陽性となった患者からの2次感染の可能性などを調べている。

中央防疫対策本部の鄭銀敬本部長(資料写真)=(聯合ニュース)

 中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は記者会見で、「ウイルスの培養検査を行い、再陽性者との接触者の追跡管理を通じた2次感染の有無を確認している」と明らかにした。

 接触者の追跡管理には約2週間かかる。現在まで再陽性となった患者からの2次感染は確認されていない。

 完治して隔離が解除された感染者全員を対象に再検査を行うかどうかに関しては、「今のところ、症状がない事例を含めた全員検査の必要性は低い」と述べた。

 また、「再陽性者の調査結果に基づいて感染力の危険度を判断し、全員検査や隔離解除後の管理強化に対する指針に反映する」との方針を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。