Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ感染者の検体を「国家資源」に ワクチン開発機関に提供=韓国

記事一覧 2020.04.27 16:22

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は27日の記者会見で、新型コロナウイルス感染者から採取した血液や唾液などの検体を「国家資源」として収集し、免疫研究やワクチン・治療薬開発を進める機関や企業に提供する方針を示した。

韓国政府は新型コロナ感染者の検体をワクチン・治療薬開発のため研究者に提供する計画だ(コラージュ)=(聯合ニュース)

 鄭氏は、国立保健研究院で一定程度の検体を確保した上で研究者が活用できるよう支援すると説明した。

 同本部は新型コロナ研究のためウイルスやRNA(リボ核酸)なども国内機関に提供している。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。