Go to Contents Go to Navigation

「新型コロナは流行中」 社会的距離確保の継続を強調=韓国政府

記事一覧 2020.04.27 17:30

【ソウル聯合ニュース】韓国・中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は27日の定例会見で、「国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が減少したが、まだ安心できる状況ではない」と述べた上で、新型コロナウイルス感染症が現在進行形で流行中だと強調した。

鄭銀敬本部長(左、中央防疫対策本部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国で新型コロナウイルス感染者が発生してから28日で100日を迎える。27日までに感染者1万738人のうち約81%の8700人が完治し、隔離が解除され、安定化に向かっている。

 鄭氏は、政府が新型コロナウイルス感染拡大防止のために実施している「社会的な距離」を保つ措置を引き続き実践し、30日から始まる大型連休の期間中も防疫順守事項を徹底的に守るよう呼び掛けた。

 また、「隠れ感染者」への懸念も出ているため、早期にウイルス検査を実施し感染拡大を防ぐ努力も続けなければならないと述べた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。