Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮核問題担当の韓米高官が電話会談 正恩氏に「特異動向なし」で一致

記事一覧 2020.04.28 14:24

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長は28日、北朝鮮担当特別代表を兼ねるビーガン米国務副長官と電話会談を行い、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の健康不安説などについて話し合った。

李度勲氏(右)とビーガン氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 外交部は、両氏が近ごろの朝鮮半島情勢に対する評価を共有し、朝鮮半島の完全な非核化と恒久的平和定着に向けた実質的進展のための両国間の取り組みについて意見交換したと伝えた。

 両氏は北朝鮮情勢について話し合う中で、金委員長の健康不安説に関して両国の情報と見解を共有したという。

 外交消息筋は「両氏は金委員長の動向に関して『特異な動向はない』という情報について異論がないことを確認した」と述べた。

 外交部は、北朝鮮核問題や北朝鮮関連の課題に関して各レベルで行われている両国間の意思疎通や協議を評価し、今後も緊密に協力することを決めたと説明した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。