Go to Contents Go to Navigation

在韓米軍の駐留経費負担 提示した13%増が限界=韓国外相

記事一覧 2020.04.28 20:57

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は28日、2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める米国との交渉を巡り、前年比13%増加した額を韓国が負担するという提案をトランプ米大統領が拒否したとする報道の真偽について、「トランプ大統領が直接、そのように公の場で話した」と認めた上で「実際、その金額はわれわれとしては(負担できる)可能な最高水準の金額だったと考える」と話した。

国会の委員会で発言する康京和長官=(聯合ニュース)

 康氏は国会予算決算特別委員会の質疑で与党議員の質問に対してこのように答弁した。

 また前年比13%増という金額が妥当であるかについては、「わが政府も合理的なレベルで、国会が同意できる合意を作り出す努力をしている」と答えた。

 韓米は駐留経費負担に関する特別協定(SMA)締結のための交渉を昨年9月から行っているが、韓国側負担額の総額に対する隔たりにより、合意に至っていない。

 米国は当初、これまでの負担額の5倍を超える50億ドル(約5336億円)近い負担額を提案したが、その後、要求を40億ドル前後に引き下げたとされる。

 韓米は昨年3月、韓国の2019年の駐留経費負担額を前年比8.2%増の1兆389億ウォン(現在のレートで約909億円)とする新協定に署名した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。