Go to Contents Go to Navigation

ソウル市 公共空間に最新Wi-Fiスポット設置へ

IT・科学 2020.04.29 10:17

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は29日、既存の公衆無線LANサービス「Wi-Fi(ワイファイ)」より通信速度が4倍速い「Wi-Fi6」スポットを市内の主要な公共空間に設ける計画を発表した。

ソウル市庁(資料写真)=(聯合ニュース)

 Wi-Fi6は無線LANの最新規格で、昨年末から商用化が進んでいる。通信が混雑していても通信速度は4.8ギガビット毎秒(Gbps)と、既存の4G LTEネットワークによる通信サービスの4倍に達する。

 ソウル市は駅とその周辺、公園、広場、伝統市場、観光施設、大通り、バス停留所など公共の生活圏で広くWi-Fi6を利用できるようにする計画だ。市関係者は、屋外での大規模なWi-Fi6環境整備はソウルが世界初だと説明した。

 市のスマート都市政策官のイ・ウォンモク氏は「Wi-Fi6は、社会階層間で広がる一方のデジタル・デバイド(情報格差)の緩和にも寄与するだろう」と期待を示した。

 ソウル市は誰もが無料で通信を利用できる「データフリー都市」を2022年までに築くとして、昨年10月に「スマートソウルネットワーク(S―Net)」の推進計画を発表した。Wi-Fi6の導入も盛り込まれている。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。