Go to Contents Go to Navigation

免税品の国内販売を一時許可 新型コロナによる在庫対策=韓国

記事一覧 2020.04.29 11:51

【世宗聯合ニュース】韓国関税庁は29日、免税店が在庫の免税品を輸入通関後に国内で販売する行為を一時的に許可すると発表した。

仁川国際空港第1ターミナルの免税店=(聯合ニュース)

 これにより、新型コロナウイルスの感染拡大で困難に直面している韓国免税店の長期在庫の免税品を国内に持ち込み、一般の流通企業が一時的に販売できるようになった。

 現行の規定では免税品の厳格な管理のため、在庫品は廃棄するか供給者に返品することのみが認められている。

 しかし、出入国する旅行客が3月現在で前年同月比93%減少しており、免税店業界が経営難と過剰在庫を訴えたことを受け、関税庁は一時的に在庫の免税品について国内流通の道を開いた。

 ただ、国内での販売が許されるのは6カ月以上の長期在庫の免税品のみとなる。

 免税店が在庫の免税品を国内で流通させるためには、一般の輸入品と同様に必要書類などを作成し、税金を支払わなければならない。

 関税庁は、今回の措置によって現在免税店が保有する長期在庫の20%が消化されると仮定した場合、免税店業界は約1600億ウォン(約140億円)の流動資金を確保できると推計している。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。