Go to Contents Go to Navigation

無給休職の在韓米軍勤務者に支援金 韓国国会で特別法可決

記事一覧 2020.04.30 09:59

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は29日に本会議を開き、2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める韓米交渉の遅延により無給休職に入っている在韓米軍勤務の韓国人を支援するための特別法案を可決した。

29日の国会本会議=(聯合ニュース)

 同特別法は、在韓米軍所属の韓国人勤務者に給与が支払われない場合、韓国政府が生計の安定を目的に支援金を給付する法的根拠となる。

 支援金は雇用保険法に基づく求職給付水準になる予定。現在、無給休職している在韓米軍所属の勤務者は実質的な失業状態と見なされ、約180万~198万ウォン(約16万~17万円)が給付される見通しだ。

 在韓米軍は、駐留経費負担に関する特別協定(SMA)が締結されていないことを理由に、今月1日から一部の韓国人勤務者の無給休職を実施している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。