Go to Contents Go to Navigation

倉庫火災現場の捜索終了 死者38人=韓国

記事一覧 2020.04.30 12:02

【利川聯合ニュース】韓国中部・京畿道利川市で29日に起きた物流倉庫の工事現場火災について、京畿道消防災難(災害)本部は30日午前、現場での人命捜索を終了したと発表した。この火災による死者は38人、負傷者は10人だった。

29日午後、火災が発生した倉庫。黒い煙に巻かれている(京畿道消防災難本部の映像から)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 消防当局は消火活動後の29日午後から30日午前にかけて、地下2階、地上4階建ての建物内を何度も捜索し、38人の遺体を収容した。火元とみられる地下2階で18人、残りの5フロアでそれぞれ4人が見つかった。

 警察はこのうち29人の身元を指紋から特定。指紋を確認できない残り9人についてはDNA鑑定で身元を特定する方針だ。

 捜索作業が終わったことから、警察と消防、国立科学捜査研究院は現場検証を開始した。

 火災は29日午後1時半ごろに発生した。地下2階での貨物用エレベーターの設置作業と、この付近で断熱材のウレタンフォームを吹き付ける作業の途中に出火したとみられる。火は約5時間後に消し止められた。

現場検証に向かう警察と消防、国立科学捜査研究院関係者=30日、利川(聯合ニュース)

物流倉庫の工事現場で起きた火災は多くの犠牲者を出した=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。