Go to Contents Go to Navigation

国立の博物館や美術館 6日から制限付きで再開館=韓国

記事一覧 2020.05.01 14:30

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休館している博物館や美術館、図書館など全国24カ所の国立文化施設の運営を6日から制限付きで再開すると発表した。公立、私立の文化施設については、生活の中での距離確保の指針を順守することを前提に、自主的な判断で再開館させる。

休館している国立中央博物館(資料写真)=(聯合ニュース)

 6日から運営が再開される国立文化施設は、文化体育観光部が所管する国立中央博物館と地方の博物館13カ所、国立民俗博物館、大韓民国歴史博物館、国立ハングル博物館、国立現代美術館4カ所、中央図書館などの国立図書館3カ所。

 再開館後も生活の中での距離確保の指針に基づき、博物館や美術館は個人利用のみ認める。来場時間の分散を図るためオンラインや電話などによる予約システムを運営し、来場者の氏名や連絡先なども把握する。団体利用や展示解説サービス、教育プログラムなどは中止とする。

 図書館はコピー、貸出、返却サービスをまず再開するが、貸出と返却は世宗図書館でのみ可能だ。新型コロナウイルスの感染状況がもっと落ち着けば、閲覧サービスも再開する。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。