Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏が模範講師に感謝 引き続き活動報道=北メディア

記事一覧 2020.05.04 09:02

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は4日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)がイルクン(幹部)と労働者を朝鮮労働党の政策貫徹へと積極的に導いている模範的な「学習講師」に感謝を伝えたと報じた。北朝鮮メディアは20日間にわたり金委員長の動静に触れていなかったが、2日に肥料工場完工式の出席を報じたのに続き、金委員長が正常に内政に取り組んでいることを伝えた。

北朝鮮の朝鮮中央テレビは2日、金委員長が1日に平安南道順川市で肥料工場の完工式に出席したと報じた(同テレビの映像から)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 労働新聞は、学習講師は思想戦に向けて革命を一層前進させ、イルクンと労働者を正面突破戦へと力強く鼓舞していると伝えた。

 経済建設を続けながら軍事力強化で難関を突破する「正面突破戦」が昨年の党中央委員会総会で宣言された後、北朝鮮当局は住民を対象に思想教育に注力している。その先頭に立つ模範的な講師が表彰されたということになる。

 一方、金委員長は先月11日に平壌で党政治局会議を主宰して以降、動静が伝えられず、故金日成(キム・イルソン)主席の生誕記念日「太陽節」(4月15日)にも金主席らの遺体が安置されている錦繍山太陽宮殿を参拝した様子がなかった。そのため、手術を受けて重体に陥ったか、あるいは死亡したという憶測も飛び交った。これに関し北朝鮮メディアは直接の言及は避けながらも、金委員長が正常に国政を遂行していることを示唆する報道を続けてきた。

 今月2日、北朝鮮メディアは金委員長が1日に中部・平安南道順川市にある肥料工場の完工式に出席したと報じることで健康悪化説を払拭(ふっしょく)した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。