Go to Contents Go to Navigation

高3は13日・その他の学年は20日から順次登校開始=韓国

記事一覧 2020.05.04 17:27

【ソウル、世宗聯合ニュース】韓国の兪銀恵(ユ・ウンヘ)社会副首相兼教育部長官は4日、記者会見を開いて新型コロナウイルス感染拡大の影響で新学期の登校が先送りされている小中高校生の登校開始時期を発表した。

兪銀恵・社会副首相兼教育部長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 大学入試の準備が急がれる高3は13日から、高2、中3、小学校1~2年生は20日から、高1、中2と小学校3~4年生は27日から登校。中1と小学校5~6年生は6月1日から登校する。

 教育部と中央災難(災害)安全対策本部は、新型コロナウイルスへの対応が今月から「生活防疫」(日常生活・経済活動とのバランスを取った防疫)に転換されたことにより、社会的距離を保つためにこれまで中断していた登校しての授業を再開することを決めた。

 先月30日から今月5日までの大型連休から2週間は新型コロナウイルスの感染拡大状況を見守るべきだとの感染症専門家の意見に従い、高2以下の学年の登校は今月20日からとした。

 ただ、高3は連休1週間後の13日から登校する。学期の初めに実施しなければならない進路・進学相談が遅れており、大学入試の随時募集(推薦入試に相当)の志願に必要な内申書を早期に作成しなければならないなどの理由からだ。

 教育部は「教員と保護者を対象にしたアンケートで、高3が優先的に登校する方策に教員の76.9%、保護者の85.0%が賛成すると答えた」と説明した。

 中・高校とは異なり、小学校だけ低学年から登校する理由は、小学生の保護者の育児の負担が限界に近付いていると判断したためだ。

小学校は20日から順次登校が再開される=(聯合ニュース)

 幼稚園も20日から登園を再開する。遠隔授業を行わず、休園が続いていた幼稚園は、新学期が始まる予定だった3月2日から79日遅れての再開となった。

 具体的な登校方法は地域・学校ごとに異なる可能性がある。

 教育部は、各地域の新型コロナウイルスの感染状況や学校ごとに密集度などの条件が異なる点を考慮し、▼学年・クラス別の時差登校▼遠隔授業と登校授業を並行して実施▼午前クラス・午後クラスの運営▼授業時間の弾力的な運営――などを各地方自治体の教育庁と学校が自主的に決めるようにした。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。