Go to Contents Go to Navigation

白血病の韓国人女児  日本の協力でインドから無事帰国

記事一覧 2020.05.06 09:02

【東京、ソウル聯合ニュース】親の駐在先のインドで急性白血病のため入院した後、容体が悪化していた韓国人の女児(5)が、韓国と日本、インドの協力により5日、無事に帰国した。インドが新型コロナウイルスの感染防止策として旅客機を運休する中、女児は日本と韓国の航空会社の旅客機を乗り継ぎ、約7200キロを移動した。

インドから日本まで女児を乗せた日本航空(JAL)特別便(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 女児はインドに駐在する韓国人の娘で、白血病によりニューデリー付近の病院に入院していた。容体が悪化し、親は韓国での治療を希望したが、直行便がなく帰国のめどが立たなかった。これを知った現地の韓国系住民の集まりがインターネットコミュニティを通じて女児の窮状を伝え、チャーター機の手配に動き出した。

 在インド韓国大使館が他国の公館に協力を求めたところ、日本大使館が協力を申し出て、日本航空(JAL)の特別便に搭乗することになった。インド政府も同機の運航を許可した。

 同機は4日夜にニューデリーを出発し、5日午前に日本の羽田空港に到着。女児は成田空港に移動して大韓航空機に乗り継ぎ、同日午後遅くに韓国の仁川空港に到着した。女児が速やかに日本を経由できるよう、日本政府も配慮したとされる。

女児はニューデリーから東京までJAL機、仁川までは大韓航空機で移動した=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。