Go to Contents Go to Navigation

韓国統一相「偽ニュースの影響目撃」 正恩氏巡る憶測報道批判

北朝鮮 2020.05.07 14:38

【ソウル聯合ニュース】韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は7日の記者懇談会で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の健康不安を巡るさまざまな憶測報道が世界を揺るがしたことについて、「偽ニュースが一種の株式市場や金融市場に与える影響を目撃した」と批判し、韓国政府はあらゆる情報を慎重に判断して結論を出したと強調した。

懇談会で発言する金錬鉄長官=7日、ソウル(聯合ニュース)

 金正恩委員長を巡っては今月2日、3週間ぶりに動静が伝えられた。この間に浮上した健康不安説に対し、韓国政府は「北に特異な動向はない」との立場を貫いていた。

 金錬鉄氏は「政府は情報能力を持っている」と述べ、その土台となるのは「技術情報」だと紹介した。

 技術情報とは、人工衛星、傍受・映像情報(シギント)、人的情報(ヒューミント)、公開情報などを意味する。韓国政府は最高指導者の動向を含む北朝鮮関連情報を収集するため、大きく分けてこの四つを活用しているとされる。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。