Go to Contents Go to Navigation

韓国政府「双方の立場で合理的に」 在韓米軍の駐留経費負担

記事一覧 2020.05.07 20:36

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は7日の定例会見で、2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める米国との交渉と関連し、両国ともに公平な負担である必要性を主張しているにも関わらず、見解が一致せず難航していることについて、「交渉結果は双方が受け入れ可能でなければならない」とし、「受け入れ可能になるには、交渉結果がどちら側から見ても合理的で公平でなければならない」と話した。

外交部報道官は2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める米国との交渉と関連し、交渉結果がどちら側から見ても合理的で公平でなければならないと指摘した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 また米国が前年比約49%増の13億ドル(約1385億円)を要求しているとする報道については、「進行中の交渉」と述べ、慎重な姿勢を示した。

 米国は当初、前年の5倍を超える約50億ドルを要求したとされている。50億ドルよりは大幅に引き下げられたものの、韓国側の提案をはるかに超える額が示されたとみられる。在韓米軍の駐留経費を巡っては、前年より13%増加した額を負担するという韓国の提案を先ごろトランプ米大統領が拒否していた。

 ただ韓国は米国の提案を重く受け止める考えはないもようだ。

 外交消息筋は「米国の新しい要求額が13億ドルであるかについては言明できないが、もしそうだとしても、韓国が受け入れられない水準であることは同じ」と話した。

 米国は前年比13%増の案が妥結に至らなかったことを受け、韓国にさらなる譲歩を求めている。ただ韓国側は前年比13%増よりも引き上げることに否定的で、交渉がさらに長引く可能性も指摘されている。

 韓米は昨年3月、韓国の2019年の駐留経費負担額を前年比8.2%増の1兆389億ウォン(現在のレートで約904億円)とする新協定に署名した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。