Go to Contents Go to Navigation

韓国 白血病女児の帰国協力で日本に謝意=7カ国の外務次官協議

記事一覧 2020.05.08 16:20

【ソウル聯合ニュース】韓国や米国、日本など7カ国の外務次官が8日、電話協議を行い、新型コロナウイルスの対応などについて議論した。

韓国外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国の趙世暎(チョ・セヨン)外交部第1次官は、韓国は日常生活・経済活動と防疫のバランスを取った「生活防疫」に移行したが、新型コロナウイルスの再流行の防止にも万全を期していると説明した。

 また、インドで滞在中に急性白血病を患った韓国人女児の帰国を日本が支援したことについて、秋葉剛男外務次官に謝意を表明。国民の安全な帰国のため、各国が協力していることを評価した。

 韓国と米国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、インドの7カ国外務次官による電話協議は8回目で、毎週金曜日に行われている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。