Go to Contents Go to Navigation

コロナ禍での韓日協力「かつてないほど重要」 駐日韓国大使

記事一覧 2020.05.08 19:27

【東京聯合ニュース】韓国の南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使は8日、着任してから9日で1年になることを受けてコメントを発表した。この中で南氏は、韓国と日本が海外で暮らす自国民の帰国支援の過程で活発に協力しており、両国が非常事態に協力できることが多いことを示しているとし、「世界が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)という危機に直面している今こそ、最も近い韓日両国の協力がかつてないほど重要だ」と強調した。

南官杓駐日大使(資料写真)=(聯合ニュース)

 またインド滞在中に急性白血病を発症し、新型コロナウイルスの影響で帰国できずにいた韓国人女児が5日に日本政府の協力で帰国したことなどを良い例として挙げた。

 南氏は「両国間の懸案については、対話による解決というわが政府の立場に変わりはない」とし、今後もこれを基本として日本側と問題解決のための努力を強化すると説明した。

 その上で、「懸案に対する両国の異なる立場を出発点とし、相互尊重の原則を基に互いが受け入れることができる解決策を模索したい」と付け加えた。

 韓国の首相や国会議長の訪日に続き、中国・成都で昨年12月に韓日首脳会談が開催され、両国首脳が韓日関係の重要性や対話による問題解決の意思を確認したのは、昨年の両国外交の成果だと評価した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。