Go to Contents Go to Navigation

クラブ集団感染 客や家族ら101人の感染確認=ソウルは64人

社会・文化 2020.05.12 14:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は12日の会見で、市内の繁華街・梨泰院のクラブで発生した新型コロナウイルスの集団感染について、出入りした客やその家族、知人などを合わせた感染者数は同日午前10時現在、全国で101人となっており、このうちソウルで確認された人は64人だと発表した。

ソウルの病院に設けられた新型コロナウイルス専用診療所で検体を採取される市民=(聯合ニュース)

 朴氏によると、梨泰院のクラブでの集団感染に関連した新規感染者は11日に12人、12日午前に3人、ソウルで確認された。

 ソウル市以外では、これまでに京畿道で23人、仁川市で7人、忠清北道で5人、釜山市で1人、済州島を行政区域に持つ済州道で1人が確認された。

 一方、1月24日に最初の感染者が確認されて以降、ソウル市が現在までに把握した同市の感染者数は計703人となっている。

 ソウルで確認された新規感染者は今月3日から7日までゼロを維持していたが、クラブでの集団感染が起きたことで8日に13人、9日に18人、10日に20人と再び増加傾向をみせている。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。