Go to Contents Go to Navigation

サムスングループ 入社試験をオンラインで実施へ=コロナ拡散防止

記事一覧 2020.05.12 18:12

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスングループは12日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、採用試験の一環として行う「サムスン職務適性検査(GSAT)」を今年はオンラインで実施すると発表した。

昨年10月に実施されたGSATの試験会場=(聯合ニュース)

 サムスンは、大規模な会場で試験を実施することで発生する社会的コストを縮小するため、オンライン試験の準備を進めていたことに加え、受験者が会場に集まって受ける試験は新型コロナウイルスの感染拡大につながる懸念があり、オンラインでの試験に急遽切り替えることにしたと説明した。

 受験者は自宅のパソコンを使って試験を受ける。スマートフォンのモニタリングシステムに接続して受験者本人とパソコンモニターを撮影し、監督官は遠隔モニタリングシステムで試験を監督する。

 試験は30、31の両日に計4回に分けて実施する。回ごとに違う問題が出題されるという。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。