Go to Contents Go to Navigation

韓国格付け ムーディーズが「Aa2」で据え置き=コロナの打撃「限定的」

記事一覧 2020.05.12 19:30

【世宗、ソウル聯合ニュース】米格付け大手のムーディーズ・インベスターズ・サービスは12日、韓国の国債格付けを最上位から3番目の「Aa2」に据え置くと発表した。格付け見通しは「安定的」とした。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは韓国の国債格付けを最上位から3番目の「Aa2」に据え置くと発表した(資料写真)=(聯合ニュース)

 格付けを据え置いた理由について同社は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う韓国の経済的な被害が、同レベルの格付けの国に比べ限定的であり、政府の財政状況が大きく悪化しないことが予想されるためとした。

 また「新型コロナ事態で示されたように、韓国は強いガバナンス(統治機能)と衝撃に対する効果的なマクロ経済、財政、通貨管理能力を有している」などとした。

 一方でムーディーズは「長期的には高齢化が成長の制約となり、政府の債務負担を増加させるだろう」とし、「北朝鮮との平和定着に向け進展が乏しく、地政学的リスクが相変らず持続している」と指摘した。

 世界の主要格付会社による韓国の格付けをみると、フィッチ・レーティングスは上から4番目の「AAマイナス」、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は3番目に高い「AA」としている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。