Go to Contents Go to Navigation

ドラマ「のだめカンタービレ」彩った名曲を演奏 7月にソウルでコンサート

記事一覧 2020.05.13 11:12

【ソウル聯合ニュース】女優の上野樹里が主演したヒットドラマ「のだめカンタービレ」で流れたクラシックの名曲を演奏するコンサート「のだめ、ベートーベンに出会う」が、7月11日に韓国・ソウルの芸術の殿堂IBKチェンバーホールで開かれる。公演企画会社のストンプミュージックが13日、明らかにした。

今年生誕250年の楽聖ベートーベン(資料写真)=(聯合ニュース)

 「のだめカンタービレ」は、天才ピアニストの主人公、野田恵(のだめ)と指揮者の千秋真一が音楽を通じて成長していく姿を描いた物語だ。

 韓国でも人気を集め、シム・ウンギョン主演のドラマ「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」としてリメイクされた。

 コンサートでは、ドラマの主題曲に使われたガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」、千秋が指揮するオーケストラが最高の演奏を繰り広げたベートーベンの「交響曲第7番」などが演奏される。

 チケットはR席が5万ウォン(約4400円)、S席が4万ウォン。韓国予約サイトのインターパークと芸術の殿堂のウェブサイトで購入できる。 

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。