Go to Contents Go to Navigation

韓国LCC・チェジュ航空が「非接触」に注力 搭乗や座席割り振りで 

記事一覧 2020.05.13 13:58

【ソウル聯合ニュース】韓国格安航空会社(LCC)大手のチェジュ航空が13日、新型コロナウイルス対策として搭乗時や機内での「非接触」と乗客同士の距離の確保を強化した。

13日午前、金浦空港の搭乗口で、乗客がチェジュ航空のスタッフの案内に従って搭乗券のバーコードを読み取らせている(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 チェジュ航空によると、この日から国内線の利用者は搭乗口で、搭乗券に記載されたバーコードを自分で読み取り機にかざす。これまではスタッフが乗客から搭乗券を受け取って読み取らせた後、返却していた。

 また、乗客同士の接触を最小限にするため、搭乗は並んだ順ではなく、優先搭乗者の後は座席番号に応じたブロックごとに順次搭乗する。

 機内の座席に余裕がある場合、同行者のいない乗客の座席は窓際または通路側だけに割り当てる。3人以上のグループは1~2列で座り、前後の列は空けて他の乗客との距離を十分に取る。

 チェジュ航空の関係者は「航空機利用時に顧客が感じる接触の不安をできるだけ減らすため、搭乗券のセルフチェックや座席ブロック順の搭乗などに取り組むことになった」と説明した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。