Go to Contents Go to Navigation

文大統領がWHO総会で基調発言へ 新型コロナ対策など共有

記事一覧 2020.05.13 17:39

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が18日にテレビ会議で開かれる世界保健機関(WHO)の年次総会で基調発言し、韓国の新型コロナウイルス対策やその成果などを共有する。青瓦台(大統領府)関係者が13日、聯合ニュースの取材に明らかにした。

先月行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(韓中日)の首脳によるテレビ会議で発言する文大統領(大統領府提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 文大統領は開放性、透明性、民主性という韓国の防疫の3大原則を説明し、新型コロナウイルスを克服するためには国際社会の協力が必要という点を強調するものとみられる。

 文大統領の基調発言はあらかじめ録画されたものが総会で公開される。会議には保健福祉部の朴凌厚(パク・ヌンフ)長官が政府代表として参加する。

 文大統領は先月行われたWHOのテドロス事務局長との電話会談で、アジア代表としてWHO総会で基調発言を行うよう要請された。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。