Go to Contents Go to Navigation

韓中の国防相が電話会談 新型コロナへの対応など協議

記事一覧 2020.05.13 20:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は13日午後、中国の魏鳳和国防相と電話会談し、新型コロナウイルスへの対応、朝鮮半島情勢、国防協力などについて意見交換した。国防部が発表した。

握手を交わす鄭景斗国防部長官(左)と魏鳳和国防相(資料写真)=(聯合ニュース)

 鄭長官は韓国の新型コロナウイルスの感染状況が安定段階に入ったのは、開放性、透明性、民主性に基づく政府の防疫措置と国民の積極的な協力のためと説明した。

 魏氏は両国の政府がそれぞれの方式で成し遂げた防疫の成果と感染拡大防止のための努力を高く評価すると述べ、中国政府と軍の対応について紹介した。

 鄭長官は感染症や災害のような国境を超えた脅威は一国の努力だけでは克服できないとし、国際社会との協力により対応することが重要と強調した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。