Go to Contents Go to Navigation

韓国型ウオークスルー検査ブースの輸出伸びる 日本にも

記事一覧 2020.05.14 14:00

【大田聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大を受けて韓国政府が先月から韓国型ウオークスルー(徒歩移動)式検査のブランド化などの支援に乗り出して以降、ウオークスルー式検査ブースの輸出が伸びている。

ウオークスルー式検査ブース(資料写真)=(聯合ニュース)

 特許庁によると、ブース開発会社の高麗技研は先月以降、日本やタイ、マレーシアなど6カ国に42台、31万ドル(約3300万円)相当を輸出した。今後、ロシアに200台、カザフスタンに50台、日本に30台、オランダに5台の計285台を輸出する予定だ。

 また、共同開発したヤンジ病院は海外各地からの要請に応じ、現地での設備生産を可能にするための技術ノウハウを6カ国・9機関に伝授した。

 特許庁は、近ごろ韓国式の新型コロナ防疫モデル、K防疫モデルに対する海外の関心が高まっているとし、「新型コロナに関する診断キットやウオークスルー設備など、K防疫の資機材が世界に進出し、多くの命を救えるよう積極的に後押ししたい」との姿勢を示した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。