Go to Contents Go to Navigation

若者のスタートアップを応援 「死の谷越えるべき」=文大統領

記事一覧 2020.05.14 15:12

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、ソウル市内に設置された若者の起業を支援する施設「青年創業ハブ」を訪れ、「スタートアップがグローバル企業に成長するまで、死の谷を越えなければならない」として、「革新的なアイデアが事業化されるよう、政府が力になる」と強調した。

青年創業ハブで若者のスタートアップ起業家らと懇談会を行う文大統領=14日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は10日、就任から3年を迎えて行った演説で、「先導型経済でポストコロナ時代を開拓する」として、ベンチャーとスタートアップが主力になって世界をリードする「デジタル大国」を目指す構想を明らかにしていた。

 文大統領は「ユニコーン企業(企業価値が約1000億円以上の未上場企業)に成長できるよう、『Kユニコーン』を強力に推進する」と言明。スタートアップ発掘・市場開拓の支援や年末までに2兆2000億ウォン(約1915億円)のベンチャー・スタートアップ緊急支援を行う方針などを紹介した上で、可能な手段を総動員し、革新成長を必ず活性化させると力説した。

 また、「ポストコロナ時代にしっかり備えれば、スタートアップの新しい未来を迎えられる」とし、「非対面・デジタル分野の新産業をリードしていけるよう、『韓国版ニューディール』を大胆に推進していく」との方針を示した。

 さらに「デジタルスマート大韓民国ファンド」の立ち上げを推進するなど、デジタル大国への飛躍を目指すと述べた。同ファンドはデジタル経済への転換で急成長が見込まれる非対面・オンライン・人工知能(AI)・ビッグデータ・バイオ中心の新産業に集中投資する官民ファンドだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。