Go to Contents Go to Navigation

韓国の空気清浄機など輸出伸びる 米国では温水洗浄便座が人気

記事一覧 2020.05.15 10:55

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルス感染拡大の影響で、米国では韓国製の温水洗浄便座、中国では韓国の紅参(高麗人参を蒸して乾燥させたもの)製品に対する需要が急増したことが15日、韓国貿易協会の資料で明らかになった。ほかにも空気清浄機や消毒剤、ウイルス診断キットなどの輸出が大幅に伸びている。

韓国製診断キットなどの輸出が伸びている(イラスト)=(聯合ニュース)

 貿易協会によると、新型コロナの影響で今年1~3月期は全体的な輸出は振るわなかったが、韓国の防疫が模範事例として注目を集めたことなどから、清浄家電、医療用品・医薬品、衛生用品、健康補助食品などの輸出は逆に好調をみせた。

 清浄家電は、1~3月期に空気清浄機と温水洗浄便座の輸出額が前年同期比178.5%と117.0%、それぞれ急増し、衣類乾燥機(53.7%増)、真空掃除機(46.1%増)、浄水器(20.6%増)なども2桁の増加率となった。

 医療用品・医薬品の輸出額は診断キットが67.1%、医薬品が52.5%、体温計が50.5%、血圧計が20.1%、それぞれ増加した。

 衛生用品は消毒剤の輸出額が870.5%の大幅増を記録。健康と免疫への関心が高まり、ビタミン(6.8%増)などの健康補助食品も輸出が伸びた。

 主な市場ごとにみると、中国向けは紅参製品やビタミンなど、免疫力強化に効果があるとされる健康補助食品の輸出増加が目立った。

 紅参抽出物の輸出総額は1~3月期に前年同期比50.6%減少したが、対中輸出は232.2%急増した。ビタミンの対中輸出の増加率は35.7%で、輸出全体の増加率の5倍以上だった。

 米国では、トイレットペーパーが品薄になったことで温水洗浄便座が関心を集めた。1~3月期の温水洗浄便座の対米輸出額は7万6000ドル(約820万円)で、前年同期比4019.5%激増した。

 また、在宅勤務やオンライン授業の影響で記憶装置のソリッドステートドライブ(SSD)の輸出が296.7%、モニター・ウェブカメラが29.7%、それぞれ増加した。

 高齢人口の多い欧州連合(EU)では、韓国製の家庭用医療用品が人気を集めた。血圧計(68.9%増)と体温計(126.1%増)の輸出が伸び、医薬品(111.2%増)や診断キット(105.4%増)も2倍に拡大した。

 貿易協会は「新型コロナ感染の広がりに伴い需要が鈍る中でも、消費や生活のスタイルが変化し、世界的に優秀性を認められた韓国製品の輸出が良い実績を収めた」と分析している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。