Go to Contents Go to Navigation

拘置所職員が感染 ソウル地裁閉鎖・裁判延期

記事一覧 2020.05.15 11:24

【ソウル聯合ニュース】韓国でソウル拘置所(京畿道義王市)の刑務官が15日、新型コロナウイルスに感染したことが確認され、ソウル高裁とソウル中央地裁で予定されていた裁判が延期となった。両機関が入っているソウル法院総合庁舎は本館のすべての法廷を閉鎖し、消毒を行う。同庁舎本館のすべての法廷を閉鎖するのは初めて。

閉鎖の案内文が張られているソウル中央地裁の法廷出入口=15日、ソウル(聯合ニュース)

 同職員は今週、通常通り出勤し、拘置所の収容者254人と職員23人の計277人と接触したという。拘置所側は全員を隔離措置し、消毒を行った。

 同職員は裁判所に出入りしなかったが、2次感染の可能性を防ぐための予防的な措置という。

 ただ、対応が急がれる事件に対しては別館に特別法廷を設けて行う方針だ。

 来週月曜日の18日には裁判が通常通り開かれるとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。