Go to Contents Go to Navigation

大韓航空が赤字転落 貨物部門は好調=1~3月

記事一覧 2020.05.15 18:00

【ソウル聯合ニュース】韓国航空最大手の大韓航空が15日に発表した今年1~3月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業損益は566億ウォン(約48億円)の赤字だった。

大韓航空の貨物機(手前)=(聯合ニュース)

 売上高は2兆3523億ウォンで、前年同期比22.7%減少した。当期純損失は6920億ウォン。

 旅客部門は新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が減ったものの、貨物部門は旅客機を貨物機に転用するなどして業績を伸ばした。

 当初は1~3月期に2400億ウォン程度の営業損失を出すとみられていたが、売り上げの20%ほどを占める貨物部門が好調だったことに加え、燃料費や人件費などが減ったことで、予想より赤字幅が縮小した。

 大韓航空は新型コロナの影響が長期化する中、さらに状況が悪化することが予想される4~6月期も効率的に航空機を運用することで、利益を出す努力を続ける方針だ。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。