Go to Contents Go to Navigation

アシアナ航空の営業赤字拡大 入国制限響く=1~3月

記事一覧 2020.05.15 19:03

【ソウル聯合ニュース】韓国航空大手のアシアナ航空が15日に発表した今年1~3月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業損益は2082億ウォン(約181億円)の赤字だった。前年同期よりも赤字幅を拡大した。

アシアナ航空の旅客機(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 売上高は1兆1295億ウォンで、前年同期比21.5%減少した。当期純損失は5490億ウォンだった。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国の韓国人に対する入国制限が本格化した2月から旅客需要が減少し、国際線の便数が計画の8%程度にとどまったことなどが影響した。

 アシアナ航空は新型コロナのパンデミック(世界的大流行)により、しばらくの間、旅客需要が減少するのは避けられないとみて、自助努力を続ける計画だ。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。