Go to Contents Go to Navigation

韓米日など7カ国の外務次官 新型コロナ対策協議=定例の電話会議

記事一覧 2020.05.15 19:12

【ソウル聯合ニュース】韓国や米国、日本など7カ国の外務次官が15日、電話協議を行い、新型コロナウイルスへの対応などについて協議した。

外交部の趙世暎第1次官(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 会議では、今後も多様なチャンネルを通じて各国の政府が経済や社会の正常化策を共有し、必要不可欠な移動のための航空便などの維持や、グローバル供給網(サプライチェーン)の維持、新型コロナのワクチンや治療薬の開発、正確な情報の共有などのために協力を続けることを確認した。

 韓国の趙世暎(チョ・セヨン)外交部第1次官は、ソウルの繁華街・梨泰院のナイトクラブで発生した新型コロナの集団感染について説明し、さらなる感染拡大を防ぐために政府が努力していると説明した。

 また防疫の過程で韓国が得た経験や情報を国際社会と共有し、危機の克服に積極的に貢献していくと話した。

 3月20日に始まった同会議は今回が9回目。毎週金曜日に行われ、韓国、米国、日本のほか、オーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、インドが参加している。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。