Go to Contents Go to Navigation

韓中日のワクチン開発連携・企業関係者の交流拡大提案=韓国保健相

記事一覧 2020.05.15 23:28

【ソウル聯合ニュース】韓中日3カ国の保健担当相会合が15日夜、テレビ会議方式で開かれ、新型コロナウイルスを巡って協力策を協議し、予防や対応、治療経験や治療薬・ワクチンに関する情報を共有することなどを確認する共同声明を採択した。

韓中日の保健担当相がテレビ会議を開催した(保健福祉部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 会合は中国の提案で臨時で開かれ、韓国から朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官、中国から馬暁偉・国家衛生健康委員会主任、日本から加藤勝信厚生労働相が参加した。

 朴氏は治療薬・ワクチンの共同開発に向けた連携体制構築、経済交流を維持するため防疫を阻害しない範囲で科学者や医師、企業関係者らの移動拡大を模索することを提案した。

 3カ国の保健担当相会合は2007年から毎年開かれている。今年は年末に中国主催で開催の予定だ。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。