Go to Contents Go to Navigation

大企業の投資額 1~3月期に前年同期比22%増加=韓国

記事一覧 2020.05.17 15:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の大企業グループが新型コロナウイルスの感染拡大の影響で1~3月期に利益が減少したものの、投資は増やしたことが17日、分かった。

韓国の大企業グループの1~3月期の投資額が前年同期に比べ増加した。増加額が最も多かったのはサムスンだった=(聯合ニュースTV)

 企業情報サイトのCEOスコアによると、公正取引委員会指定の大企業集団のうち1~3月期の報告書を提出した59グループの系列会社373社の売上高は356兆6898億ウォン(約31兆円)、営業利益は14兆8770億ウォンだった。前年同期に比べ売上高は7.1%増加したが、営業利益は39.1%減少した。

 ただ、投資額は21兆7754億ウォンで同22.1%増加した。新型コロナウイルスの感染拡大で内需と輸出がいずれも大きな打撃を受け、業績は全般的に悪化したが、未来の競争力確保に向け投資を増やしたことが分かった。

 59グループのうち34グループの投資額が増加した。投資額が最も増えたのはサムスンで、3兆7298億ウォンから7兆27億ウォンと同87.8%(3兆2729億ウォン)増加した。 

 ポスコ(4401億ウォン)、GS(2718億ウォン)、韓進(2615億ウォン)、SM(2382億ウォン)、KT(2099億ウォン)も投資額が1000億ウォン以上増加した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。