Go to Contents Go to Navigation

BTSジョングクなど人気グループメンバー4人 梨泰院訪問で物議

記事一覧 2020.05.18 18:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループのメンバーが先月末にソウルの繁華街・梨泰院の飲食店などを訪問後、新型コロナウイルス検査を受けていたことが明らかになった。

BTSのジョングク(ビッグヒットエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国の芸能専門メディア、ディスパッチは18日、BTS(防弾少年団)のジョングク、ASTORO(アストロ)のチャウヌ、NCTのジェヒョン、SEVENTEEN(セブンティーン)のミンギュが先月25日に梨泰院の飲食店などで集まり会っていたと報じた。

 梨泰院では今月初めの連休中に新型コロナウイルス感染者が訪問したクラブなどを中心に集団感染が発生した。4人は集団感染が発生した店を訪問しておらず、ウイルス検査の結果も陰性だったが、各所属事務所は感染拡大防止のために実施されていた「社会的な距離」を保つ措置を守らなかったとして謝罪した。

 報道を受け、BTSの所属事務所、ビッグヒットエンターテインメントはジョングクが梨泰院を訪問したことを認めた。ジョングク本人も社会的な距離を保つ措置に協力しなかったことを深く反省しているとした上で、「二度と同じような問題が起きないよう、さらに徹底的に(新型コロナウイルス関連の指針・予防事項を)順守する。ファンの皆さまをはじめ多くの方々にご心配をおかけして申し訳ない」と謝罪した。

 ビッグヒットエンターテインメントは先週、SNS(交流サイト)などを中心にジョングクが梨泰院を訪れたという目撃情報が広まった際、所属アーティストの私生活については明らかにできないとの立場を示していた。これについても、アーティストの私生活保護をより重視してしまった対応だったと謝罪した。

 SEVENTEENの所属事務所、プレディスエンターテインメントも、ミンギュが社会的距離の確保措置を守らなかった自身の行動を深く反省しているとした上で、所属アーティストが衛生ルールや社会的距離の確保を実践するよう格別の注意を払うとし、謝罪した。

 ASTROの所属事務所、ファンタジオもチャウヌの梨泰院訪問を認め謝罪した。社会的距離の確保を実践すべき時期の梨泰院訪問は軽率な行動であり、本人も深く反省しているとコメントした。

ASTROのチャウヌ(資料写真)=(聯合ニュース)
NCTのジェヒョン(資料写真)=(聯合ニュース)
SEVENTEENのミンギュ(資料写真)=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。