Go to Contents Go to Navigation

韓国がWHO執行理事国に 任期は2023年まで

記事一覧 2020.05.19 21:01

【ジュネーブ聯合ニュース】韓国が19日の世界保健機関(WHO)総会で、執行理事国に選ばれた。

金剛立次官(資料写真)=(聯合ニュース)

 総会はテレビ会議形式で開かれ、34カ国の執行理事国のうち任期が満了する10カ国を改選した。韓国の理事国入りは7度目で任期は2023年までの3年間。

 また、保健福祉部の金剛立(キム・ガンリプ)次官が執行委員に指名された。金次官は22日にテレビ会議形式で開かれるWHO執行理事会に韓国代表として出席する予定だ。

 金次官は、新型コロナウイルスがもたらした危機を克服するための韓国の経験を国際社会と積極的に共有し、新型コロナウイルス感染収束後のポストコロナ時代に防疫・保健分野の国際的リーダーシップを確保していきたいと述べた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。